HOME > リフォームメニュー > 水廻リフォーム

リフォームメニュー

水廻リフォーム

水廻リフォーム

キッチン、浴室、洗面台などの水廻りリフォームを承っております。
利用頻度の高い水廻りは、使い勝手が良いものを選ぶことが一番。
お客様のご希望、費用に見合った最適なプランをご提案いたします。

【料金のご案内】
キッチンのリフォーム工事 
49万円~
トイレのリフォーム工事 8万円~
浴室のリフォーム工事 60万円~
洗面所のリフォーム工事 5万円~
※詳細金額をお知りになりたい方は、お気軽に問い合わせ下さい!!

下記のポイントを参考に快適な水廻りリフォームを実現してください。
キッチン・台所 リフォームのポイント
浴室・浴槽・お風呂 リフォームのポイント
洗面所・洗面台 リフォームのポイント
トイレ・便所 リフォームのポイント



キッチン・台所 リフォームのポイント

システムキッチンに導入をはじめ、食洗器の取付など、どんな小さなことでも、ご要望にお応えいたします。また、水のトラブル等にも即対応します。

キッチン・台所 リフォームのポイント

  • キッチンが老朽化し機能面や使い勝手が悪い・・・
  • 利用しているキッチンの高さが合わず腰が痛い・・・
  • 収納スペースがなく片付かないキッチンだ・・・
・・・などなど。
リフォーム工事の中で人気の高いキッチンリフォーム。
現状のキッチンに不満足の方は非常に多いかと思います。また、最近はリフォーム後のトラブルや失敗例なども増えてきています。このようなトラブルが起きてしまうのは、使い勝手を一切考えないで工事をしてしまうリフォーム会社の責任ではありますが、まかせっきりにしてしまった依頼者側の責任もあることがあります。

『リフォームは面倒だ!』 『よく分からない!』と考えていないでしょうか!?
お客様にとって面倒でよく分からない工事かもしれませんが、後悔しないためにも少しでも多くの知識と情報を得て『やって良かった!』と言えるリフォーム工事にして下さい。そして信頼できるリフォーム会社に依頼してください。
身近に信頼できるリフォーム会社がいない場合は是非、一度当社にご相談下さい。


浴室・浴槽・お風呂 リフォームのポイント

手軽に機能性と美しさのある浴室にする為に、各メーカーから続々と発売されるシステムバスは、従来のお風呂の問題点を解消し、実に内容が充実したリフォーム設備と言えます。当社では、ご要望・ご予算に合わせ、大きなリフォームをせずに、浴室を充実させる設備・機器導入のリフォームもご提案いたします。

浴室・浴槽・お風呂 リフォームのポイント

  • 冬になると浴室全体が寒く、床が冷たい・・・
  • カビは発生しやすく掃除の手間がかかる・・・
  • 浴槽が高くて入るのが大変だ・・・
  • 浴槽や洗い場が狭くて快適じゃない・・・
・・・などなど。
浴室や浴槽に関する悩みも多いかと思います。

キッチンリフォームと並び要望がとても多い浴室・浴槽のリフォームですが、古い設備を新しくして使い勝手を良くする場合、目に見えにくい防水の問題も重要です。
下記のポイントをまとめていますので参考にして下さい。

ポイント1 浴室サイズ
浴室サイズが異なれば施工費用も変わってきます。
システムバス採用のメリットは一般的な浴室サイズに合わせてある程度規格が決まっているので、ご自宅の浴室に合うサイズとデザイン・機能を選ぶ事ができるという点です。
特に注意が必要となるのは在来浴室の場合はタイル壁などをどこまで壊す必要があるかを判断し、建物の状況などを考慮する必要がありますので、ユニットバスを選ぶ前に当社に相談していただく事をおすすめします。

ポイント2 補修工事の重要性
湿気で構造部である柱や土台が腐食している事があります。
会社によっては、こういった場合も見て見ぬ振りをして、そのままシステムバスを付けてしまう事があります。この腐食を放置してしまうと、住宅そのものの耐久性や耐震強度を悪化させてしまいます。
打ち合わせの際にはあらかじめ補修工事についても相談しておくと良いでしょう。
見積金額にあらかじめ補修工事の費用を含めておく事をおすすめします。


洗面所・洗面台 リフォームのポイント

洗面所は毎日の生活に欠かせない場所です。
洗顔・化粧・脱衣・洗濯など多目的で使用します。
洗剤・化粧品・タオルなどの日用品など多くの物が散らかってしまいがちになります。
そのために自分のライフスタイルにあった洗面化粧台を選びましょう。

洗面所・洗面台 リフォームのポイント

ポイント1 家族の生活に合った洗面所
洗面所のリフォームでまず大事なことは、「洗面所で何をするか」を考えることです。手洗い、整容に限定して使用するのであれば上下水道と鏡台だけで十分機能を果たします。しかし、脱衣所、また洗濯機を置いたユーティリティーコーナーとして利用するのであれば、間取りから考え直す必要があるかもしれません。

ポイント2 脱衣所・洗濯室との兼用
脱衣所を兼ねるのであれば、すべりにくい床や、温度調節機能のほか、散乱しがちな洗面台の周辺を上手に収納できるシステムの導入をおすすめします。また洗濯スペースとしても、収納は重要。脱衣所と洗濯機室の両方の機能を備えた、インテリアの配慮が必要です。

洗面所リフォームのワンポイント!
洗面所をリフォームする場合は、他の「キッチン・浴室・トイレ」も一緒に考えてみませんか?
同じメーカーで統一すると好みのデザインやスタイルがまとまりやすく、作業工程もいいので洗面所リフォームがスムーズになります。


トイレ・便所 リフォームのポイント

毎日利用するトイレ。
清潔で落ち着ける空間にしたいですね。
快適な空間にするためには機能性・デザイン・掃除しやすいものにしなくてはなりません。
毎日のライフスタイルを考えて便器や便座・内装材を選びましょう。
また、老後に備えたトイレリフォームも検討するといいでしょう。

トイレ・便所 リフォームのポイント

便座を交換するだけの場合と、本体ごと機種を交換する場合がございますが便座の交換だけなら少し日曜大工に携わる人なら簡単に設置できますので施工費用を浮かせる事が可能です。

本体ごとトイレのリフォームする場合は、家族にあったトイレの リフォームプランを検討してから必要な設備を考えましょう。

トイレのリフォーム工事期間は、配管を変更しない場合は1日から2日ほどで施工が可能ですが、 内装や照明など他の職人さん が携わる場合は日程が異なります。

ポイント1 広さに応じた便器の形と機能性
快適なトイレ空間をリフォームする為にも便器のサイズをチェックしましょう。
限られたトイレの広さに合った製品を選ぶ事が快適な空間を作ります。無理に大きいトイレを入れて動きづらくなるのは考えもの。トイレにゆとりを持たせる場合は、現在トイレリフォームの主流になっているタンクレスタイプを選ぶといいでしょう。

ポイント2 お手入れのしやすさ
毎日使うトイレは綺麗に保ちたいものです。現在のトイレは汚れに強く、掃除がしやすい工夫がされています。水垢の付きにくい新素材を使用した商品から、水流を利用した洗浄方法などで汚れを 落とすタイプや泡洗浄を採用したタイプなど様々な商品が登場しています。
又、汚れや雑菌が溜まりやすいフチを無くしたタイプも掃除が楽なのでお勧めです。

ポイント3 高齢者への配慮
高齢者も使いやすいトイレにするためには、段差のないバリアフリーシステムの検討も必要。
また、便座を温める、立ち上がる時につかまる手すりを付けるなどの配慮も盛り込むべきかと思います。
将来的なことを考えて、車いすでも通れるように開口を広くとるなどのひと工夫するといいでしょう。

ポイント4 省エネ
トイレも省エネの時代。1日何度も使用するのですから、水道代金や下水代金、また電気代もばかになりません。
必要以上の費用がかからないよう、省エネに対応したトイレを選びましょう。

このページのトップへ